データ・プライバシーの日

標準

1月28日は「データ・プライバシーの日」です

2007年にEUで提唱されましたが、アメリカ、カナダも参画して、欧米各国で記念行事が開かれてるみたいですね。アメリカでは議会で正式に、国の記念日と決めたようです。

常日頃、個人情報やプライバシーについて考え、対応していくのは重要ですが、こういう記念日ごとに改めて確認することもまた重要だと思います。

どんなことに気をつける?

多々ありますが、うちのボランティアの方々には、こんなことをお知らせしました。一例をご紹介。

1.子どもの写真持っていたら、削除してね

活動の中で撮影された写真の著作権は、当法人に帰属するようにしています。権利を明確にし、個人で勝手に使用したり、所有するのを禁止して、外部の手に渡るのを防ぎます。もし写真が自身の携帯電話に入っていたら、削除しましょう。

2.各ウェブツールの使用権限の確認

当法人では、例えばGmailなどのインターネットサービスを多用しています。これにはIDとパスワードでログインするわけですが、ログインできる人は制限をしています。通称HALアドミニストレーターと呼ばれる情報管理者の確認の上、ログインが許可されます。だから、確認しないで勝手にログインすることはいけません。

さらに、Googleのアカウントは、非常に厳重に管理しており、パスワードを入力するだけでなく、コード番号も入力する必要があります。これは担当理事の僕など、ごく一部のスタッフしか把握できないようになっています。代表理事にも、この権限はありません。

888

3.当たり前のウイルス対策ソフト

使うパソコンには、必ずウイルス対策ソフトを入れましょう。コンピュータウイルスに対する最低限の情報リテラシーです。また、導入されていたかどうかは、責任問題に関わるようです。数年前は無償のSoftwareは、信頼度が低いようでした。しかし、最近は検知率の高い無償のSoftwareも増えているようです。

2009102203515279a

4.PCの共用は避けましょう

家族の共用PCで個人情報や、写真を扱うのはいけません。家族は情報セキュリティ的には「赤の他人」です。もし共用PCであるならば、ログインアカウントを個別に作成してパスワードを設定して使うことが最低限の方法になるのではないでしょうか。

学校などの共用PCで情報を扱うのは論外ですね。

family-557100_960_720-1

5.USBフラッシュメモリの使用を控えましょう

SanDisk_Cruzer_Micro

僕が学生時代、USBフラッシュメモリを介するウイルスが首都圏の大学を中心に蔓延しました。研究室のPCは全部セットアップし直しでした。これは自動再生機能など外部メディア特有の構造もあるかもしれませんが、単純に紛失する危険性が高いものです。

データの移動は、ネットワーク経由で、例えばクラウドストレージを制限をかけた状態で使用するのが良いかもしれません。

どうしてもUSBフラッシュメディアを使う場合は、セキュリティ機能が強化された物を使用するのが良いでしょう。私物ではなく、共用の物を用意して使うのもリスクを減らせる気がします。

6.SNSでうっかり書かない!

 

twitter-bird-white-on-blue

この時代、誰もがSNSやメッセージアプリなどを利用しています。Twitter、Facebook、Google+、LINE、、気軽に自分の近況を書けるメディアであるがゆえに、ついついHALに参加する子どもたちのことを書いてしまうことも。子どものことがかわいいから。キツイこともあって、つい愚痴を言いたくなっちゃうから。いろいろあります。プライバシーの観点と、その子のご家族や知ってる方が嫌な想いをしないように気を付けましょう。

「100%絶対大丈夫」は無い!

以上、疲れた頭で出てきた項目の一部でした。

先日「すぐ実践できる!小さな組織が低コストで最低限守るべき情報セキュリティ10のルール – カルミナアカデミア」というイベントに参加しました。まだそこで得られたことは整理できておらず、反映出来ていないのですが、大事なことは、セキュリティに100%OKは無いということ。常に相談しながら、より適切な対応をしていくのも大事です。

うちだけでなく、全てのボランティア従事者の方に気を付けていただきたいことですね。

秘境の地、栄村旅行記 その1

標準

長野県最北「栄村・秋山郷」に行ってきた(2015.10.26)

栄村って知っていますか?

長野県の最も新潟県よりにある市町村です。話題に上がるとしたら日本有数の豪雪地帯、東日本大震災のときに起きた大地震「長野県北部地震」でしょうか。豪雪の時は、道路が寸断され、隣接する新潟県津南町と共に陸の孤島となってしまったこともあります。日本最高積雪地点もあります。地震は3.11の翌日、東北の地震だけでも大変なのに、どうして栄村で…。

5866444310_5436bb19c2_z

なぜ行きたかったのか?

ただ無性に行きたくなったといえばそれまでですが、栄村は東京都武蔵村山市と姉妹都市を結んでいます。10年ほど前、武蔵村山市教育委員会の青少年育成事業の委託を受けて活動をしていて、子どもたちからも「栄村でキャンプがしたい」と希望がありました。たまたまHALのゲッチョやはかせと用事で3人で長野県に行ったので、栄村に寄り道しました。

路肩が崩壊し、落石の欠片が散乱、車が1台ギリギリ通れる狭い国道を奥地へ奥地へと向かうと、エメラルドグリーンの川、そして断崖絶壁の山。これぞ秘境と言うに相応しい場所で車酔いで朦朧とした中でも、冒険的にわくわくするような土地だというのが感じました。帰り道は、いつまで経っても山から抜け出せず、車酔いも激しさを増し「この先には天国があるようだ…」とつぶやいて、ゲッチョに怒られた記憶が残っています(笑)

その後、幾度と大雪や、大地震を経て、今の栄村に改めて行ってみたくなったのです。あのダイナミックな地形、簡単に行けなさそうな秘境っぷり。ちょうど紅葉シーズンでもありますね。冬になると行くことができません。

栄村は新潟経由で意外とすぐに行ける

栄村02.png

実家の府中から秋山郷まで262kmほど

中央道〜圏央道〜関越道(石打丸山IC)そしてR353で十二峠〜R117〜R405と行きます。夜の22時頃に向かったので、車で快適に走って行きました。Google先生であの栄村まで4時間以内なんて、意外と早く着けるんだという感覚。

ところが、夜10時に出発して、夜2時頃、新潟県津南町まで到達したところで引き返しました。

道が怖かったんです。

一歩間違えれば、崖に転落です。そうでなくても、上から石が落ちてきそう。。

そしてお腹が空きました。コンビニ等、お店なんか全然見当たりません。また、これから秘境の地に行くのに、ハイブリッド車のHonda CR-Zでもガソリンが危ない。勿論ガソリンスタンドも閉まっている。

ついでに言うと、星が綺麗に見えたら、星空を撮影してみたかったんです。わずかな雲の隙間を狙いつつ、態勢を整えるために、野沢温泉村まで移動して仮眠をしました。(寒かった)

 

続きは後ほど

事務所にフォトブース作っちゃっうのは?

標準

結婚式のフォトブース

べつに結婚する予定も見込みも無いのですが、結婚式のフォトブースの記事を目にしました。(結婚を意識してブログ見ているとかでもありませんよ。。)

shutterstock_184520798

http://how-to-inc.com/photo-booth-13163

もう結婚とか、浮いた話すら、出ないものは出ないので、ここで忘れてください。。

NPOの事務所にフォトブース

さて、ここで思いついたのは、NPOの事務所にフォトブースがあったら面白いんじゃないか。結婚式からNPOの事務所に話題が変わってすみませんね笑

普段利用しているスタッフにとっては、いつもある風景になってしまって面白みは最初だけですが、訪問するお客さん、説明会に参加するお子さんやご家族の方、ボランティア希望で訪れた方などにとっては、訪問の記念になっていいと思うんですよね

結婚式のフォトブースを例にするから大げさかもしれないですけど、それなりの一般企業なんか、入り口に大きなロゴがあってお客さんとか記念写真ぐらい撮ります。

こないだはサイボウズ社に行ってきました。記念写真ぐらい撮っておけば良かったなあ。。。

サイボウズ

僕の会社も、Officeの一角に世界中のデータとかモニタリング表示されてる立派な場所あります。世界中からやってくるお客さんやパートナーさんが写真撮って喜んでいただけてます。

こういう写真が撮れる場所って他にも利点があって、事務所って元々業務してる場所なので、個人情報とかプライバシーにかかわる物が置いてあるんですよね。訪問者がうかつに写真撮ったりすると、掲示物やら書類やらが意図せず映っちゃうってこともありそう。現に、うちのNPOの事務所、いろいろ貼ってますよね。

それに、適当に写真撮っちゃうと、汚いところとか煩雑なところとか撮られてしまいます。

フォトブースを作っておくと、そこだけ撮影OKなのは一目瞭然。普段から訪問先で写真撮るのが好きだけど、撮っていいのか遠慮して切り出せない人もいるだろうし。メリハリにもなります。

なにより、装飾とか工夫して、素敵なフォトブースがあれば、記念になります。好印象ほど、次の参加・協力・寄付につながりますよね。

フォトブースが広報になる

それを来てくれた方のブログやSNSで紹介してもらえたら、活動の宣伝にもなりますね。いかにも記念写真って感じの方が取り上げられやすいです。

事務所にフォトブース作ってみたらどうでしょう

それこそ結婚式張りの笑

来月の、同期の結婚式に呼ばれました。おめでとう!

ブログ再開できるのか!?

標準

こんばんは

いろいろ仕事が立て込んでいて更新を控えていました。ネタはいろいろとあるので、地道に更新ができたらと思います。

NPO関係では、去年から様々な企業が提供している「NPO支援プログラム」もしくは「BUSINESS to NPO」について、セミナー等に参加して情報を集めています。

Googleやサイボウズなどの企業に行って学ぶのは、かなり面白いです。せっかくだから、もっと多くの人が参加するといいと思います。

また仕事がらみで、300人規模のボランティアを集めることがありました。10年ほどやってきたボランティア集めのノウハウも、多少は活かせました。また、放送や音響専門で地域活動する団体と仲良くなりまして、仕事や、僕が参加しているボランティア関係で一緒に活動しています。

お金や技術があるNPOだけでなく、いろんなNPO・地域活動団体が映像・放送コンテンツで活動をアピールするのって、これから大事だと思うんですよね。

ほかにも仕事は、アウトドア関係の企業とコラボ企画を始めて、カヤック漕いだり山登ったり。。非常に楽しいですが、運動不足がかなりキマス。

趣味は、TM NETWORK好きが講じて、シンセサイザーにハマっています。

そこらへん、また具体的に更新できたらと思います。

CANPAN × イシス編集学校「情報発信に効く!編集術ワークショップ」

標準

久しぶりにセミナーに参加しました。

CANPAN × イシス編集学校 第5弾
「~NPOのための~ 情報発信に効く!編集術ワークショップ」実践編

最近何かの記事を見て、何をするにも「編集」って重要だよな〜って思ってたんです。

input→【編集】→output

 

 

行ってまず印象的なのは、図書館のように本がズラーって並んでて、なにかコンセプトカフェみたいな感じ。でも図書館として開放してるわけじゃないんです。こういう場を「編集」したのでしょうか。

IMG_5380

★普段読まない分野だけど気になった本を手にとって、自己紹介となぜその本を選んだかを話しましょう

1Fは日本の古代から現代までに関わる著書がズラッと並び、思わず手にしたのは、日本ガマ論。蛙?

歴史書や文学書の中で、見た目もタイトルもちょっと異色だし、日本史をガマ(蛙でいいのか?)で論じてる本なんて思いも寄らないし珍しいなと。スタッフさんからは、そういう本を選ぶ理由もその人を表していますよね。と。そういう自己紹介もいいなと思いました。

ワークショップの中では、自分の団体の情報を出していく作業をしたのですが、情報にも色々ある。今回は「データ」・「カプタ」、そして団体に不足している事を出して、フィルターをかけて情報の重要度を別々な視点で見る作業をしました。

カプタとは、多様な解釈を伴う情報で、雰囲気とか五感とか想いとか抽象的なものだそうです。情報と言われると、客観的なことを考えがちですが、カプタも整理するとより理解ができそう。

とりあえず広報をやると、とりあえず発信をすると思うのですが、目的別に情報を整理して発信しないと、団体の意志が伝わらないですよね。

この視点、お持ち帰りです。

 

 

詳しくはこちらのブログ

http://blog.canpan.info/cpforum/archive/231

 

 

 

それにしても本読もう。

IMG_5379

 

(以下、転載)

■プログラム概要■

・レクチャー篇
情報発信に必要な情報編集力とは

・ワークショップ篇
ブック・ワークショップ
組織の情報編集
情報発信のための創文編集術・実践編

・エンディング・クロストーク
よりインタラクティブな広報の実践のために

■CANPANからのレコメンド■

「編集」が情報発信の質を変える
これからのNPOの情報発信の鍵を握るのは個人の情報発信です。自分で感じたこと、考えたこと、体験したことを自分なりの言葉で伝える。みなさんの言葉・発信が、周囲の人の共感を呼び、そしてその人達に何かしらのアクションをしてもらう起点となることでしょう。
NPOの情報発信支援をしている中で、『NPO、そして個人の情報発信力を高めたい!』と思っていた矢先に出会ったのがイシス編集学校の「編集術」でした。NPOの情報発信が世の中を変えるための一つのきっかけとなるように、「編集」という視点がNPOの情報発信の質を変えていく、大きなきっかけとなるはずです。

■イシス編集学校とは■

産業も文化もITに取り巻かれ、大量の情報が流通している現代社会では、 自分に必要な情報を選択し活用するための編集力を身に付けることが不可欠です。イシス編集学校は、それぞれの潜在的な編集力を引き出しながら、情報編集に必要な多様なメソッドを伝授する超ユニークな学校です。 編集を仕事としたい方はもちろんのこと、仕事や社会活動や趣味のために編集力を身につけたい方にもお勧めします。

Mac OS X Yosemiteに変えたらExcelが激重

標準

秋から年始まで仕事が多く、同時にブログ更新が皆無になりました。

新年、そろそろ気合いを入れなおしたいと思います。

今年に入ってからようやく、MacのOSを更新したのですが、どうも調子が悪いです。

その中でも、特に困っているのが

・Excelの文字入力が重すぎる

10文字入力するのに10秒以上かかります。

もう見限って、MacのNumbersを使うことにしました。

Officeの更新、フォント重複ファイルの削除も済ませているので、ちょっとよくわかりません。

Excel以外にも悪いところはあるので、色々試してみようと思います。

AirDropの使い心地はとても最高です。

出演者の写真を毎日iPhoneで撮影するので、非常に楽になりました。

だから、不安定さが少なくなればYosemiteはかなり良いと思っています。

【OS X Yosemite】動作が重いMacに快適さを取り戻す方法

http://gori.me/mac/mac-tips/64719

【OS X Yosemite】

http://www.apple.com/jp/osx/?cid=wwa-jp-kwg-mac-com

デジカメ変更日を撮影日に一括変更 for Mac

標準

今、キャンプの写真を整理してます。

キャンプ中に撮影した写真は、定期的に参加する会員のご家庭にお送りしたり、広報用で使用します。撮影したスタッフに協力してもらって写真を整理してるのですが、僕のHDDには2005年からの活動の写真が数千単位で入っているので、いざというとき探すのも一苦労。

「あの日のあの時間に、あれをやってるだろうな〜 その写真を探そう」

そう思って時々やるのが、「撮影日」検索。撮影日でファイルリストをソートしたり、検索をかけます。特に広報で使う写真は、「場所」が結構大事で、景色の写真、何をしたかの写真を必要としますが、キャンプのプログラムでは行く時間はだいたい決まっています。

しかし!Windows時代はそれができたのですが、Macではできない!Finderで「撮影日」をソートしようにも、Macでは撮影日が出てこないんです。困った。

そこで見つけたのが「デジカメ変更日を撮影日に一括変更 for Mac」

http://www.vector.co.jp/soft/dl/mac/util/se496881.html

デジカメの変更日・作成日を、写真ファイルのExif情報(メタデータ)にある撮影日に変更してくれるアプリケーション。写真には、画像のデータ以外にも記録されているメタデータというものがあります。

いくつかは、うまくいきました。うまくできなかったのは、おそらく、ファイルを渡す過程で撮影日のメタデータがなくなっているんだと思います。

僕は、写真のメタデータは重要だと思っていて、撮影日は勿論、位置情報や、撮影方式など様々なデータが記録されてるので凄く参考になるし、前々からキャンプの写真をマッピングして閲覧できるページを作ろうと思っていて、そのためには位置情報と日付・時刻の情報が欠かせないです。

※ただし、位置情報を画像につけると、ストーカー的な犯罪で使えるので、リアルタイムに共有することは避けたほうが良さそう。弁護士さんからも指摘されました。

 

 

ということで、引き続き整理中です。

iMacはホントに処理が速い!!僕のiMacは現行のフルスペックです♪FusionDriveも入れてあります!

https://www.apple.com/jp/imac/

NPO無料法律相談会

標準

法律って生活と社会全てを司るのに非常に難しい。。

先日、「NPOのための弁護士ネットワーク」さんが開催した無料法律相談会に行ってきました。

http://www.tvac.or.jp/di/32990

 

今まで法律の専門家と話すことは無かったのですが(唯一、父が憲法専門w)、1時間、2名の弁護士の方が、つきっきりで相談に載ってくださりました。非常に感謝です。

 

主な内容

・ボランティアスタッフによる写真撮影。著作権や肖像権に関して。

・理事の法的責任、NPO法の「注意義務」とは?

・自然災害、安全に関わる対応

 

 

専門家が目の前に、2名という複数の目で答えていただけたので非常に有意義でした。

例えば、写真の扱いに関しては、現状そのままにすると非常に危ないことも考えられる。

個人情報やプライバシーなどは、団体の存続、事業継続にも関わるのでしっかり対応しましょう。と相互確認できました。

 

理事の責任は、企業と違って非常にグレー領域の雰囲気がありますが、具体的なケースも教えていただきました。

 

 

詳しいことは、実際に団体として整理しながら報告するつもりです。

NPOのためのIT活用講座 〜効率が上がる情報発信術〜

標準

http://blog.canpan.info/cpforum/archive/183

先日、学芸出版と佐川急便から直電もらって、不在票にやっと気づきました。。

NPO法人CANPANセンター理事の久米 信行さんと山田 泰久さん共著

 

これまでNPOの組織運営の資料はちょこっと読んだことありますが、広報や情報の扱い方、ウェブやソフトの活用をやってきていたので、ドンピシャの本だと思いました。

広報だけではなく、資金・運営面でも活用できるノウハウが書いてあるようです。パラッパラっと読んでみましたが、あぁそうだよね、勘付いてたけどちゃんとやらないと、、というのもあれば、へぇ〜そうなのか!という新しい発見もあります。

それよりも感じたのは、これはボランティアに関わるどんなスタッフでも、知っておくと良いこともたくさん書いてあることです。例えば、SNSをどう使っていくか。3年くらい前、今の活動で広報のためにSNSに注力しようと思った時、広報は担当者だけでなく、周りを巻き込んでみんなで広げられるものになると思い「発信者になろう」と呼びかけました。そんな意識を持った時に、この本が役立つ気がします。

まぁこれから読むんですけど。忙しくて、読みたいと思って買った本が10冊くらい溜まってます。。

 

IMG_4013

 

この記事書いていた時、仲間からウェブサイトのWordPress連携について提案があったので、明日急遽打ち合わせです。(よくわからないので)

今までずっと一人でやってたので、人にいろいろ考察してもらえると非常に助かります。

ブログ記事に批判の嵐

標準

HALの広報として、ブログやボランティア募集情報など担当しているきんちゃん(男)

彼の書いたブログがメンバーから批判の的になっています。

http://human-active.blog.jp/archives/8532093.html

 

 

僕の耳には届いてないのですが、こんな感じかなと思います。

・個人的なことを団体のブログに書いている

・「カルガリー支局」とかわけのわからんことを書いてる

・勝手に書いてる

 

 

僕もスタッフと一緒に読んだ時は「これ書くか〜」とビックリしました。

 

 

あまりに批判が多いらしいので、僕の意見を書いておきます。

1.ブログは活動の「物語」になる。物語にはキャラクターがいて、きんちゃんはブログ開始当初から自分なりにユーモアを混じえて書いてくれてますが、HALのブログは、今「きんちゃん」というキャラクターなしで運営できません。きんちゃんの個人の生活から活動まで表現するのは、NPOの情報発信としてはあって良いと思っています。広報担当のきんちゃんが、カナダでも頑張るという記事。

きんちゃんの書き方、形式的な文章を好む僕は違和感を感じつつも、結構好評なコメントもらってたんですよね。

2.それにしては、HALの記事が少なすぎます。各キャンプの報告、ボランティアの募集、ディレクターの紹介など、書く記事は決めているので、計画立てて投稿していかないといけません。今1番必要なのはココだと思います。それなしで、唐突に出た記事なので、なんだありゃ???

3.いきなり「カルガリー支局設立」と言われても、ちょっとわかりにくいかも。。僕の個人ブログでは書きましたが。

4.もうちょっと投稿を継続的にできれば、いずれ、形式的なブログのコンセプトと運営方針を決めたほうが良いと思います。

 

 

それより、きんちゃん、はよボランティア募集情報を出そう。

そして、周りのみんなからは「これを載せて!」と寄稿を募集したいです。キャンプの思い出や、次のキャンプについて、HALの取り組みについて書いていただき、きんちゃんに投稿を依頼してくれるとありがたいです!